ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
卒業式の日に
今日は母校でもある地元の中学校の卒業式。
そういや卒業ソングとして人気のあるレミオロメンの曲も「3月9日」。なので「最近は3月9日に卒業式を行う学校が多いのかなあ。」などと思っていたのだが、元々は結婚を祝う歌らしい。数年前、娘がいつも口ずさんでいたのだが、娘の鼻歌だと何だかお経みたいで、ずっとこの歌だとは気付かなかった(笑)。

それはさておき、、、。
以前も書いたと思うが、卒業式を境に、それまで毎日当たり前のように顔を合わせいたクラス仲間と、その後二度と会わないこともある。その時は気付かないが、時間が経つほどにその日が大事な分岐点だったんだなあと思う。

自分の中学の卒業式の日のことで、ひとつだけはっきり覚えていることがある。Mという自分より出席番号が一つ前のヤツがいた。ラジオの深夜放送を聞くのが好きなヤツだった。特に親しいわけでもなく、家にも一度遊びに行ったかどうかというくらいの付き合いだった。
ところが卒業式が終わったあと、なぜかMと二人きりでいっしょに帰ることになった。いつも一緒に下校していたヤツらとなぜその日だけいっしょでなかったのかは定かでない。

とにかくMといっしょに矢の浜街道をぶらぶらと歩いた。Mは高校へ行かず、名古屋で就職するとのことだった。その話をするうち、Mがいきなり大人びて感じられた。Mがしゃべり、自分は時々質問をはさんだ。「働く」ということがピンとこず、それについて語るMに、なんだか随分と引き離されたような気がした。

Y字路まできて、「じゃあ、元気で!」と分かれた。Mとはその日以来ずっと会っていない。
[PR]
# by minority-m | 2010-03-09 22:46 | 身辺雑記
春うたを聴きながら
先週末、全然お金にならない単純作業に時間を費やした。
こんなときはCDやラジオなどBGMが欲しいなあと思い、一日中、この時期に聴きたい歌をかけっぱなしにしていた。聴いていた曲はというと

「赤いスイートピー」松田聖子
「マイ・ピュア・レディ」尾崎亜美
「オレンジ村から春へ」りりぃ
「唇よ、熱く君を語れ」渡辺真知子
「春の予感‐I've been mellow‐」南沙織
「色・ホワイトブレンド」中山美穂
「不思議なピーチパイ」竹内まりや
「Wake up」財津和夫
「春一番」キャンディーズ
「春咲小紅」矢野顕子
「Hey! Lady 優しくなれるかい」庄野真代
「春雷」ふきのとう
「なごり雪」

シカシ、見事なくらい70年代後半から80年代前半の曲に集中しているなあ!
[PR]
# by minority-m | 2010-03-08 21:49 | 本・映画・音楽
久しぶりに晴明と飲む
久しぶりに夢枕獏の「陰陽師」を読んでいる。入院中である父の付き添いの時間つぶしにと、書店で文庫本を物色中に、まだ読んでいないものを見つけたのだ。このシリーズをよく読んでいたのはたしか十年ほど前だったはずだから、思えば随分と経っている。

この小説はほとんどが短編で、主人公の安倍晴明とその親友である源博雅が酒を酌み交わすシーンから始まることが多い。いつも晴明屋敷の庭の、四季折々の草花などを愛でながら飲むのだが、このシーンが実にいい。これらのシーンを描きたくて著者はこの小説を書いてるんじゃなかろうか、というくらい酒好きにはたまらない。

久しぶりに晴明と博雅のやりとりを目にし、懐かしい旧友たちにでも会ったような気がした。親しい友と飲む酒はよい。自分も、「ゆこう!」と声をかけると「ゆこう!」とすぐさま応える旧友を誘って飲みたくなった。

f0160479_20532171.jpg
写真は京都の晴明神社にある晴明井。晴明神社は晴明の旧宅跡に建てられたというが、実際はちょっと離れたところ、京都ブライトンホテルの辺りにあったらしい。またこの神社の辺りにはかつて千利休の屋敷があり、この晴明井の水で茶を点てたという。
[PR]
# by minority-m | 2010-03-04 21:01 | 身辺雑記
楽しみを拾う
午前中に仕事を片付け、入院中の父に面会のため松阪へ行く。数えてみると昨年末からほぼ週二回は松阪まで通っている勘定になる。

知人に家族の通院に付き添い、週一回県外の病院に通い続けている人がいる。
先日「大変ですね。」と声をかけると、その知人は「まあ大変やなあ、そやから行くことにそれなりの楽しみを見つけて行かんとな。」と言った。

そういや自分も松阪に行く際、ちょっとした楽しみを見つけている。ひとつは以前にも書いたように色んなレストランでの昼食である。また松阪には大きな釣具店が複数あり、時間があると立ち寄っている。
先日は昨年に発売されたリールを衝動買いしてしまった。エントリーモデルであり高価なリールではない。ただ浅溝スプールでダブルハンドルのカッコよさに魅かれたのだが、これってエギングかルアー釣りしか使いようがないような・・・
f0160479_0171253.jpg

[PR]
# by minority-m | 2010-03-04 00:19 | 身辺雑記
気づけば三月
津波の日曜日、そして昨日は父の手術だった。
7時間におよぶ手術だったが、一応予定通り無事終了した。まだ手放しで安心できる状態ではないが、とりあえず大きな第一関門は突破したという感じである。自分は仕事があるので昨夜に戻ってきたが、付き添っている母からの電話では、今日はICUから一般の病室にもどったとのことだった。

何かと落ち着かない日々が続くが、ふと、気がつけばもう3月。娘が独り暮らしを始めてから一年になる。夫婦ふたりだけの生活も一年になるわけだが、実感がないままに経ったという感じがする。明日はひなまつり。妻が玄関に小さな小さな雛人形を飾った。
f0160479_011465.jpg

[PR]
# by minority-m | 2010-03-02 23:57 | 身辺雑記
津波警報の一日
今日は津波にふりまわされた一日だった。
明日が入院中の父の手術の日なので、できるだけ今日中に明日の分の段取りを済ませる予定だった。
朝テレビをつけると、津波警報の発表が時間の問題とのことだったので、それまでに荷物の発送など対外的な仕事だけでも処理しようとした途端に警報が発表された。

それから京都にいる娘に、早めに連絡しとこうと電話したが「現在電源が入っていないか、電波の届かない・・・」のメッセージばかり。メールもしたが返事がない。昼になっても連絡つかないので、そちらの方も心配になりだした。こんなことは今まであまりなかった。あとになって、弓道場にいたので電源を切っていたとのことが分かり安心したが、なぜかこんな時に限って普段起きないようなことが起こってしまう。

予報によるとこの辺りは2mの津波がくる可能性があるという。大丈夫だろうとは思ったが、仕事をしようにも落ち着かないので、念のため古戸町の実家に非難することにした。
夜、帰ってから仕事を再開したが、なんだか今日はドッと疲れてしまった。
明日は父の手術に付き添うため朝早くから松阪へ。はよ寝ようっと!

※先程、津波警報と、避難勧告が解除された。(現時点ではまだ注意報は発令中。)
[PR]
# by minority-m | 2010-02-28 22:46 | 身辺雑記
同級生
バンクーバー五輪の女子フィギュアで優勝を争った浅田真央とキム・ヨナ。ちょうどうちの娘と同級生である。
ポヨーンとしたのんびり屋の娘と同級生の彼女たちが、あのプレッシャーの中で戦っているのかと思うともう何ともいえない気分になってしまう。恥ずかしながら、家族でも出ているみたいな感じで演技をまともに見ていられなかった(笑)。

高校で始めた弓道を続けている娘にとっても、特に浅田真央は以前から気になる存在らしい。自分が不調だったりしたときには浅田真央の映像などを観ては勇気付けられるのだという。
「あの真央ちゃんですら、これだけ努力してガンバッテルんだから!」
同級生だけに色んな部分で、なにか身近に感じることが多いのだろう。

その娘だが、春休みだというのに帰ってきもせず、部活に学校行事にと、忙しく過ごしているらしい。人生の中でめちゃくちゃ楽しい、ステキな季節を生きているんだろうなあ!
[PR]
# by minority-m | 2010-02-26 23:20 | テレビ・新聞・ネットから
春の予感
70年代後半から80年代にかけての頃、この季節になると資生堂やカネボウなど化粧品会社の春の口紅のテレビCMが賑やかだった。当時ニューミュージックといわれた楽曲とのタイアップで、使用された曲は必ずヒットしていたと思う。

以前も書いたと思うが、77年春の資生堂のCMソングだった尾崎亜美の「マイ・ピュア・レディ」などは今でもこの時期になると聴きたくなる。その時代に聴いていた歌とともにその時を思い出すことは誰にでもあると思う。自分にとってこの歌は大切だった季節を共に過ごした曲のひとつだった。そして今思うと魔法にでもかかっていたんじゃないかと思える程、この頃の春の口紅シリーズはステキに思えた。

まあ、すっかり化粧品会社の戦略に乗せられていたわけだが、残念ながら口紅は使わないので自分に対してはCM効果はなかったと思う(笑)。
ただ、2年位前だったか、資生堂のCMソングを集めた「赤椿」「白椿」というCDを買ってしまったのだからその時にかかった魔法は今も解けていないのかも知れない。

78年春のCMソングも同じく尾崎亜美の曲なのだが、歌っているのはシンシアこと南沙織。

春の予感‐I've been mellow
[PR]
# by minority-m | 2010-02-25 00:17 | 身辺雑記
おーい、弥太郎!
土曜日というとなぜか色んな会社からの勧誘や営業の電話が多い。昼間の在宅率が高いからだろうか。今日は朝から三菱オール電化やら、三菱UFJニコスやら、から電話があった。オール電化とかいう前に「今日はオール三菱の日かい?」と問いたくなった。

三菱UFJニコスの場合は洋画鑑賞中にかかってきて、断っているにも関わらずしつこかった。スーパーバイザーを名乗る女性だったので「スーパーバイザーって日本語でどんな意味なん?」と聞くと「えーと、以前は係長と言ってました。」という。自分は役職などにやたら横文字の呼称を使うのは好きではないが、仕事がちゃんとできれば別に文句はない。ただカッコつけたいんなら自分の役職名の一般的な訳くらい覚えとけよ、と言いたい。

それはそうと、三菱というと創業者はかの岩崎弥太郎。今年の大河ドラマ「龍馬伝」で香川照之演じる準主役である。つい先日、ドラマでも出てきた弥太郎の母が小銭をためていたつぼが発見されたというニュースもあった。

もう20年程前になるが、東京にいた頃住んでいたマンションの真ん前が旧岩崎邸だった。(現在は東京都が管理しているはずだ。)広大な土地で、窓からの景色がほとんどここの樹木に遮られていた。相当こじつけていえば、弥太郎とは時代を越えた「元ご近所さん」ではないか。で、勝手ながら元ご近所さんということで馴れ馴れしく言わせて頂くとしよう。
「おーい弥太郎、土曜日の朝っぱらから元ご近所さんに迷惑電話かけちゃダメじゃないか!(笑)」
f0160479_1915515.jpg
2年前、久しぶりに訪れたら、こんな立派な案内板があった。
[PR]
# by minority-m | 2010-02-20 19:20 | 身辺雑記
お疲れちゃん!
昨晩はお誘いを受け食事会に参加。その後、20~30代の若者達と飲みに出掛けた。若い連中と飲むのはなんとも心地好く、つい飲みすぎてしまった。最近アルコールを控え気味なこともあってか、ちと弱くなった感じもする。

今日は父親に付き添って松阪と伊勢の病院を回った。病院の方で、できるだけ何度も出掛けなくともいいようにと一日で回れるように予約を調整してくれたのだが、今日は予約の割には待ち時間が長く、さすがに疲れてしまった。

で・・・
ジョッキ生のサイトで、「オツカレちゃん!」のスクリーンセーバーがあったのでダウンロードした。趣味がもうどうしようもなくオッチャンだなあ・・・(笑)
とにもかくにも、今日もお仕事がんばった皆さん、みんな、みんな、お疲れちゃん!
[PR]
# by minority-m | 2010-02-18 21:01 | 身辺雑記