ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イースターエッグ
f0160479_21155161.jpg

春分の日のあとの、満月の次の日曜日。つまり今日はイースターということで、庭に子供らがつくったイースターエッグを置いてみた。
[PR]
# by minority-m | 2010-04-04 21:17 | 身辺雑記
ふーむ・・・
昨日発覚したトラブルと格闘中。
まあ昨日はちょっと大げさに言いすぎたけど、深刻であることは変わりない。仕事で使用しているサーバーでのトラブルなのだが、根本的な解決のことを思うと、ちと気が遠くなったりする。現在なんとか応急処置を施してカッコはついたが、片肺飛行状態といったところか。

それでもこんなこともあろうかと、複数のサーバーが使用できるようにしておいたのでまだよかった。お金はかかるが少なくとも全滅は免れる。ただ予備のサーバーが不安定なのが怖い。

しかし、毎年のようにサーバー関係のトラブルに見舞われる。去年は当時使用していたレンタルサーバー会社に、名目のはっきりしないお金を説明もなく引き落とされるという事態があった。カード会社も動いてくれたので無事返金され、その後解約した。何年も問題なく使用していた会社だけにショックだった。今回は信用できる大手の堅牢なサーバーなので安心していたのだが、なかなかうまくいかない。

先ほどサーバーの運営会社とやっと連絡がとれた。再度トラブルの原因を調べて連絡をくれると約束してくれたのがせめてもの救い、一縷の望みである。

この町の近辺で運営するサーバーがあれば、いざという時心強いのだが、堅牢なサーバーにするには、これはこれで相当お金がかかるかなあ・・・
[PR]
# by minority-m | 2010-04-02 18:13 | 身辺雑記
エイプリルフール、であってほしい
と、思うことが続いた一日だった。
仕事上、極めて深刻な事態が発生した。場合によってはこの仕事をこのまま続けられるかどうか、という事態である。プライベートでも、残念というか、がっかりすることがあった。

うーん、いずれも即座に自分でどうにかなる問題ではない。夕方、自分と同様に、ガッカリしたことがあった友人が飯に誘ってくれたので迷わず同行、さっきまでウマイ飯を喰らっていた。つきあってくれた二人、ありがとう!

いやー、今日は4月1日か、どうにもならんときは、ただただ酒飲んで、喰って寝るのも手だろう。明日からのことを考えると頭が痛いが、、、まあ明日冷静に考えよう・・・

♪そのうち、なんとか、なるだろう~ってか!
[PR]
# by minority-m | 2010-04-01 23:56 | 身辺雑記
マレビト来たりて・・・
先週末、民俗学者の折口信夫を主人公にした、井沢元彦の「猿丸幻視行」という小説を読んでいたら、我が家に「マレビト」がやってきた。北関東からやってきたという若者だった。

どうも自分はこういった「まろうど」との付き合いが嫌いではないらしい。何となくだが、旅の途中での「袖ふれ合うも多少の縁」というようなユルイ縁が好きなのかも知れない。

妻との会話の中で思い出したのだが、そういや、ちょっとしたきっかけで我が家にて食事をしたり、泊まったりした「客人」は結構いる。ヘールボップ彗星の写真を撮りに来たという千葉県の青年、ポーランドの女子大生、日本に仕事を探しに来たアメリカ青年、などなど。最近ではオーストラリアからきた家族が立ち寄ってくれた。

マレビト、というと「貴種流離譚」とか、「遠くの神様」とかの言葉も浮かぶ。とある人が「田舎では旅人としての客人はもてなすが、住み着いたとたんに余所者扱い、変わり者扱いが始まる。」と言っていたが、それもある意味当たっているだろう。

自分の場合マレビトへの興味だけでなく、漂泊の民やジプシーといったものへの憧れがあるように思う。此処ではない何処かへ・・・
[PR]
# by minority-m | 2010-03-30 21:38 | 身辺雑記
花よりは酒の週末
土曜日、妻が学生時代の友人たちと京都へ遊びに行った。
ちょうど自分と同様、妻子が留守の友人がいたのでいっしょに晩飯を食べに行ったのだが、その後行ったバーでついつい長居し、朝の4時過ぎまで飲んでしまった。
さすがに今日は二日酔いとなったが、こればかりは何度反省しても一向に改まらない(-_-;)

午後、入院中の父が退院してきた。今回は姉が迎えにいってくれたので助かった。今後も月一回ほどは通院しなければならないが、とりあえずひと段落ついたといったところである。
入院したころに、退院は桜の咲く頃だろうと言っていたがそのとおりになった。

先程、妻が帰宅した。醍醐寺の桜が素晴らしかった、と言った。
[PR]
# by minority-m | 2010-03-28 21:24 | 身辺雑記
雨の中を走りながら・・・
入院中の父の経過について医師から説明を受けるため松阪へ。
今回の入院、手術については、常に主治医がこまめに分かりやすく説明してくれたので非常に助かった。父本人への説明だけでなく、必要とあらば自分にも連絡をくれた。きちんと説明をしてくれるというだけで随分と心強く、安心できるものなのだと知った。

医師との相談の結果、近いうちに退院できることになった。もちろん年齢と他にも悪いところを抱えた状態を考えると手放しでは喜べないが、手術前の状況を考えると最良の状態と言っていいだろう。

雨の帰り道、ところどころで咲き始めた桜が目に入る。思えば昨年末から続いた闘いに、ようやくひと区切りつきそうだと思うと、雨の中の桜も感慨深い。
[PR]
# by minority-m | 2010-03-25 20:17 | 身辺雑記
庭の春
f0160479_20262884.jpg

庭にある木瓜に今年も花が咲いた。人の腰ほどの高さしかないのだが、枝という枝に白や薄桃色の花を咲かせる。数年前までずっと花など見たことがなかったが、ある年にいきなり咲き、それからは、毎年我が庭の春を彩ってくれる。

花が散ると実がなる。秋にはコブシほどの大きさに育ち、妻がせっせとボケ酒を造っている。
季節があるということは、ただそれだけでありがたいなあ、と思う。

人がみな 我よりえらく見ゆる日よ 花を買いきて妻と親しむ  by石川啄木
[PR]
# by minority-m | 2010-03-20 20:27 | 身辺雑記
リールスタンド
気付けば一週間近くもブログを更新していない今日この頃・・・。三寒四温って言葉もあるが、寒い日の方が多い。それでも、なんとなく気分は「春」である。

午前中、利用している百五銀行がシステムダウンした。いつも入金確認で利用しているインターネットバンキングが使えない。仕方ないので支店まで行ってみると、入出金含め、全システムが使えないとのことでエライことになっていた。午後には復旧したが、人的ミスが原因とのことで夕方のテレビニュースでも取り上げられていた。ああ、なんか春だなあ・・・

f0160479_2123085.jpg
ところで、昨日こんなものが届いた。マイクやヘッドホンのピンジャックのように見えるが、電気製品には関係ない。

実は先週の日曜日、天満の堤防でルアーフィッシングをしていたSちゃんがこれとよく似たものを持っていた。なんのためのものか訊くと「これはなあ、リールを置いたときにに傷がつかんようにするものなんさ。」と教えてくれた。うーん、名人だけあって、やっぱ道具もかっこええなあ・・・ちょと欲しいゾ・・・

帰ってから早速ネットで調べたが、結構値段が高い。下手をするとリール本体よりも高く、自分の安いリールには不相応だ。ただ調べると、今は製造していない機種用の廉価なものがあった。ヤフオクで見てみるとワンコイン位のものがあったので速攻でゲットした。あとは出番を待つのみである(^o^)
f0160479_21205688.jpg

[PR]
# by minority-m | 2010-03-19 21:22 | 身辺雑記
春の堤防にて
f0160479_1103069.jpg

昨日、確定申告を済ませた。済ませてみるとスッキリする。なんで早く済ませないのかと毎年思うのだが、なかなか出来ない。

今朝は先ほどまで、天満の堤防に散歩に出掛けていた。9時前だというのに10人以上の釣り人がいる。陸続きではない白灯台の堤防にも数人上っている。ほとんどがヤエンによるアオリイカねらいで、エギングは少ない。

顔見知りのおじさんがいたのでしばし雑談。「釣れんことはないけど、小さい。大きくても700gくらいやなあ。」と言う。

足元を見ると、手のひらサイズもない位の小さなアオリイカが5~6匹いる。おじさんが「他所の人らが、こんな小さなのをみんなエギでかけてくんで、大きいのがおらへんのさ。」と苦笑いしながら嘆いていた。
f0160479_1113635.jpg

[PR]
# by minority-m | 2010-03-13 10:51 | 身辺雑記
ああ、春なのに・・・
確定申告をまだ済ませてない・・・

いつもそうなのだが、尻に火がついて燃えかかるまで手をつけられない。どうせやらなきゃいけないのだから、さっさと済ませればいいものを、往生際が悪いというか、自分でもあきれる程のアカンタレである。
どうも、取られる(もとい、納める)お金を自ら計算するのは、もう悲しくてしょうがないのである(笑)。

ようやく昨日から計算にかかったところ、仕事の方でちょっとやっかいなトラブルが発生した。自分ですぐに対処しようがないところで起きたので困ってしまった。

春なのに~、春なのに~ため息またひとつ・・・
by 柏原芳恵「春なのに」
[PR]
# by minority-m | 2010-03-11 20:51 | 身辺雑記