ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
愛しのローラ
五月の宵、安いウィスキーを飲みながら、ふと思い出の扉をノックする・・・

ラヴィットラーノのローラ序曲。尾鷲高校のギタマン部員だったオレタチが、この曲を引っさげて大阪の全国高校ギターマンドリン・フェスティバルに挑んだのは32年前のこの時期だった。

高1のいつだったか、部活のひとつ先輩で指揮者のYちゃんに呼び出され「全国のギタマンが集まる大会があるらしい。三重県代表として是非とも出たい。」と相談された。
別に県の予選があるわけではないが、当時、尾高のギタマンは県下ではダントツの実力だったし、県内で影響力のある先生からのお墨付きも得ていたのだった。

ふたつ返事で「是非出よう!」といったが、Yちゃんがそのために選曲し、提示した曲がローラだった。高校生にとっては難曲といっていい曲だった。特に難しい曲は譜面を見ながら弾くことすらおぼつかない自分は、エライことを引き受けたと後悔もした。

出場にあたっては部長だったI君が奔走した。学校や保護者への協力要請から行き帰りのバスの手配までほぼ全部、I君を筆頭に部員たちが行った。
今でもI君が言う。「高校のときはひとつのちゃんとした社会やった。実際社会に出て、逆に同期の連中が子供に見えてしょうがなかった。」と。

さて、宿泊の予算もなく、夜行バスでの弾丸ツアーとなった本番、何人ものOBが応援に来てくれたにも関わらず、わが尾高は「努力賞」にとどまった。フォルテシモは強く元気があってよいが、粗さが目立つ、というような評価だった。優勝などを決める大会ではなかったが、その上に「優秀賞」という賞があった。下には「奨励賞」という賞もあったから、スポーツの全国大会でいえば2,3回戦位まで進んで敗退といったレベルだった思う。ただ、他の学校の指揮者は教師だったが、尾高は指揮者も生徒だったことを思えば上出来かも知れない。帰りのバスの中、悔しさからかやたらキリキリと頭痛がしたのを覚えている。

さて我々が演奏した「ローラ」は、実在の女性がモデルである。自分のイメージでは、伝説の美少女という感じがするが、実際はローラ・モンテスという、悪名高き高級娼婦だったらしい。

毎年、この時期になるとこの曲を聴きたくなるが、さすがに男を虜にするのはお手のものといったところだろうか。
[PR]
# by minority-m | 2010-05-14 23:33 | 本・映画・音楽
五月の風は美しい
五月は一番美しい季節だと思う。なにより風が美しい。
若葉の緑がいたるところに満ち、やわらかな陽の光が透いて届くと、もうそれは緑の風が見えているとしか思えない。

若々しい照葉樹に文字通り照り輝く、陽の輝きは時にまぶしい。紀州が生んだ作家、中上健次が「光が撥ねる」と言った木々の緑の輝きは、この町の周辺の山ならあちこちで見ることができる。

あまり知られていないが、星空が一番美しく見えるのもこの時期である。透明度だけなら秋冬の方がよい。ただ、この時期の空気が澄んだ夜明け前、天の川の中心部である、いて座部分が南中する。一年で一番天の川が「ドン濃く見える」時期なのだ。日本からは見えないが、ちょうど地平線下の南天には南十字が輝く季節でもある。尾鷲市内であれば車で15分も走ればその星空に出会えるはずだ。

連休明けから、ちと仕事が忙しくなってきた。時間があれば大台山系の緑に触れたいが今は庭の小さな木々の緑で慰めているこの頃である。
[PR]
# by minority-m | 2010-05-13 23:48 | 身辺雑記
やはり私も「カズ」がよかった・・・
昨日のW杯日本代表発表。まず有り得ないと思いながらもどこかで「サプライズはカズ、三浦カズ!」との岡田監督のセリフを期待していた。12年前との真逆のサプライズを。

今日のニュースなどを見ると自分だけでなかったようで、キムタクがカズ落選についての残念なコメントを寄せ、スポナビのコラムでも宇都宮徹壱氏がそのことに触れている。

チームの精神的支えとしてなら川口よりカズだろう、とみな思ったのではないか。もちろん川口が悪いとは思わない。でももし、カズが選ばれたら(しかも岡田監督に!)一気に盛り上がっただろうし、それがなかったということが、岡田監督らしいともいえるだろう。

特にカズのファンではないが、それでももし、ほんの数分でも彼がW杯のピッチに立ったなら、鳥肌がたつだろうことは安易に想像できる。もしグループリーグで惨敗しても、もうそれだけで許せるような気がする。

冷静にみれば、国を背負って行く戦いだから「勝ち」にはこだわらなければならないのは分かる。しかもプロなのだから、、、。でも、スポーツって思い入れや感傷なども入り混じってこそおもしろいと思うけどなあ。
[PR]
# by minority-m | 2010-05-11 23:56 | テレビ・新聞・ネットから
そういえばW杯
今日、サッカーW杯の日本代表メンバーの発表があった。怪我でこのところ代表に呼ばれていなかったGKの川口能活以外これといったサプライズのないメンバー発表だった。

しかし、今回はどうも盛り上がりに欠けるように思う。サプライズがないのもそうだが、やはり監督の個性によるところも大きいんじゃないだろうか。前回のジーコ監督は世界的なスター選手だったし、解任デモなどもあったがそれも含めて盛り上がった。その前のトルシエの場合、日本での開催というだけでなく、サッカー協会やマスコミとの確執もありながらもおもしろかった。

タラレバは意味がないし、岡田監督には申し訳ないが、やっぱりオシムのサッカーでW杯を戦う日本代表の姿が見たかったなあ!

f0160479_2123037.jpg
ワールドカップ開催の年になると入手している日本代表レプリカユニだが、今回はユニもあんまりいいと思えない。
[PR]
# by minority-m | 2010-05-10 21:03 | テレビ・新聞・ネットから
我が家も地デジ化
昨日から我が家のテレビも地デジになった。
といってもテレビを買い換えたわけではなく、ケーブルテレビのアナログコースからデジタルコースに変更した。したがってテレビ自体は画面も29インチ4:3のアナログのままである。

ふつうテレビも換えるのだろうが、せっかく問題なく映っているテレビをお役御免にするのももったいないし、チューナーだけ換えての映りがどんなものか見てみたかったのもある。

おととい、知人のNさんところで見せてもらった液晶52インチの映りがすごかっただけに、さすがにブラウン管ではデジタルの解像度は生かしきれないようだ。

たださすがはデジタル放送で、くっきり感はアナログの比ではない。気がかりだった画面の比率も気にはならないし、フル画面で見られる修正機能もチューナーについている。

十分満足できる映りで、我が家としては大正解だった。
それとデジタルコースでは自分が以前から観たかった「釣りビジョン」が映るのがうれしい。これで釣りに行けなくても、ちょっとは釣り気分は味わえるだろう。
[PR]
# by minority-m | 2010-05-09 22:46 | 身辺雑記
五月にゆく想いへ
一昨年、このブログにも書いたが、五月は自分の誕生月でもあるが、縁のある人との別れも多い。昨日もひとり・・・

数日前、容態が急変したとは聞いていたが、昨晩亡くなられたことを今朝になって知った。
ご本人とは特別親しいわけではなく、面識がある程度だった。が、その周りの人とは縁というか、深い関わりがある。

♪果てしなく星達が訳もなく流れ去り
 
愛された思い出に夢をひとつだけあなたに残してくれる
 
井上陽水「5月の別れ」


5月になるとこの曲を聴いて深酒してしまう夜がある・・・合掌
[PR]
# by minority-m | 2010-05-08 21:53 | 身辺雑記
一難去って
連休が明け、さすがに今日は忙しかった。そんな中、懸案事項がひとつクリアできそうな目途が立った。明日にならないとはっきりしないがまあなんとかなるだろう。

が、今日新たな問題が発覚した。さすがにうんざりもするが、これまでもなんとかなってきたんだし、これもなんとかなるだろう。

ヨーシ、明日も早起きして一丁やるか!
[PR]
# by minority-m | 2010-05-06 21:08 | 身辺雑記
連休の終わりに
ゴールデンウィークも今日で終わり。連休も最後になって徐々に仕事量が増えてきた。うれしくもあるがまだまだ例年ほど忙しくはない。今日はヒマだったら釣りでも行こうかと思ったのだがさすがに無理で、夕方散歩で港に行っただけだった。

ところで、誰が言い出したか「サザエさん症候群」という言葉がある。サラリーマンや学生が日曜日の夕方、サザエさんが放送される時間になると、休日の終わりを感じ月曜日からの生活を思いメランコリーな気分になることを言うらしい。
そういやサザエさんの前の、「笑点」でそんな気分になる人もいるようだ。今日は日曜ではないが連休の終わりで、同様の気分の人が多いのではなかろうか。
夕食時に妻にその話をすると、勤め人でもないのに、まさにそんな気分だ、と言った。

夕方港を散歩中、昔日曜日の夕方にNHKで放送されていた「レッツーゴーヤング」という番組のことを思い出した。この番組のエンディングがやけにせつなかった。司会の都倉俊一とキャンディーズの三人が夕暮れの海辺でくつろぐ写真のバックに都倉俊一が歌う「メッセージ」という歌がかかる。

「メッセージ」
5月の光とそよ風とやさしい心 それからあなたの涙
愛された思いがあれば 明日からも生きられる
もうあなたと会えないでしょう 愛を込めたメッセージを下さい
(作詞:阿久悠 作曲:都倉俊一)


うーん、なんだかせつなくなってしまったなあ・・・
f0160479_2334687.jpg

[PR]
# by minority-m | 2010-05-05 22:23 | 身辺雑記
天満は満員
連休中、良い天気が続いている。これほど晴天に恵まれることはあまりないのではないかというくらい清々しいゴールデンウィークの日々である。

これだけ天気が良いとやはりどこかへ出掛けたくなる。例年なら忙しくてそれどころじゃないのだが、今年はヒマといっていいくらいの仕事量である。それでもポツポツと仕事は入るから一日以上かけてどこかへ出掛けるというのもちと無理だ。せいぜい気晴らしに港周辺を散歩するくらいになってしまう。

今日も天満の堤防まで出掛けると、昨日とは違い結構な人出である。堤防の内側の駐車スペースはほぼ埋まっている。中にはテントやバーベキューセットを持ち込んでいるグループもあり、すっかり行楽モードである。ただ残念なことに肝心の魚が釣れている気配はない。昨日釣れていた小サバもどこかへ行ったようだ。

釣り客とあれこれ話をし、自分は地元だが、行楽客を見ているだけで、なんだかおすそ分けをしてもらったようで、ささやかな行楽気分を味わえたのが救いである。
f0160479_057437.jpg

[PR]
# by minority-m | 2010-05-03 23:53 | 身辺雑記
妙に心に沁みやがる
テレビから流れてきた歌の歌詞がやけに沁みる。

♪もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい

親友と語り合ったかい 燃えるような恋をしたかい

一生忘れないような出来事に出会えたかい

かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい

かりゆし58「オワリはじまり」

[PR]
# by minority-m | 2010-05-02 22:57 | テレビ・新聞・ネットから