ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
市議会の議員定数についてなど
市議選も後半戦となり、通りかかる選挙カーからの声も熱がこもってきたようだ。

候補者たちが具体的になにを訴えているのかは、選挙カーからの名前の連呼とお願いだけでは分かるはずもない。是非とも公開討論会や立会い演説会にてそれぞれの主張を聞きたいところだが今回は時間的な面でも難しかったかも知れない。

ただ、公共的な利用をうたって開始したはずの地元ケーブルテレビZTVで、テレビ演説会くらいやればいいのにとは思う。(このあたりについては、議会のテレビ中継などにも関係してくるが。)

で、結局は選挙公報と地元紙それと候補者からのハガキ(これは知人がらみの数人の候補者のみ)、くらいが情報源となる。(地元紙については前職の場合、定例議会での一般質問の回数くらいは載せてほしいと思う。)

今回自分の一番のてがかりは選挙公報である。
今回新人が6人立ったが、ほとんどの新人候補(公報で確認できるのは5人)が議員報酬の減額(見直し)あるいは議員定数の削減を掲げている。財政が厳しい尾鷲にあってある意味当然とも思えるし、聞こえもよい。ただ見方によっては、まだ一銭も議員報酬をもらってないサラの状態だからつっこみやすい政策だよなあ・・・と思ったりする。

とくに議員定数の削減についてはちょっと確認したいことがある。
例えば、尾鷲が他の市町村に比べ、市民の数との比率で議員数が多いとする。でも大都市部周辺の市議会や区会議員との比率をそのままあてはめるだけであれば、どうかなあと思う。

地方の小さな市町村の場合、産業振興やハコモノの整備も市にかかる部分も多いし、漁業、農業、林業、公務員、サービス業、販売業、自営、会社員など職業や郡部の町などそれぞれの背景を担った議員が出てくる。一律に定数を減らすだけでは、弱者の声ほど届きにくいということも起こりえるんじゃないだろうか。

それから、議員の数が減るということは、結局「市政サービスのスリム化」とは切り離せないんじゃないだろうか。市役所が窓口での基本的なサービスのみにし、産業振興などをやめれば当然議員数も減らせるだろう。そしてそれは当然市職員の報酬、職員数の削減もセットになるはずだ。

そのあたりが公報からは見えてこない。議員報酬、議員定数の削減なら言いやすいが、職員のことになると票にひびくとの判断もあるのだろうか?と思ってしまう。

数よりも基本は質の問題だと思う。新人は未知だとしても、前職についてはある程度やってきたことは分かるはずだ。市議として緊張感を持って市政にあたってくれる議員であれば報酬もしっかりとって貰ってよいと思う。親戚の数だのみ、選挙のときだけペコペコし、職場の部下などに圧力をかけたりして当選しても、なったら議会に出席するのがやっと・・・そんな議員ならたとえひとりだっていりません!

以上あーだこーだと書いたが、知人のEさんのブログ「25時間目」では連日この辺りについても深く考察している。

25時間目
http://yaplog.jp/25jikanme/

[PR]
by minority-m | 2009-05-29 18:40 | 身辺雑記
Passion!
体調はなんとかよくなったものの、なんだか慌しい日が続いている。忙しい割にそう儲かりもしない雑務が多いのは、自分の段取りと処理能力が悪いせいだろう。昨日は帰郷していた娘が京都に帰っていったのだが、その間娘の話をじっくり聞く暇もなかった。ただ、あいかわらず、連日のように市議選の選挙カーが通り過ぎていく。

昼過ぎ、郵便局にいくと、フロアのBGMになんと Nick Wood の 「Passion」 がかかっていた。3年前のサッカードイツW杯の頃、毎日のように聞いていた曲である。キリンのCMでもかかっているから知っている人も多いだろう。そういや、今日はサッカーの代表戦があったなあ、と思い出だした。(結局観られず、さっきネットで結果を知った。)

夕方、仕事のこと、妻の仕事のこと、娘のこと、選挙のこと・・・さまざまな思いが渦巻き、なんともいえない気分でいたら、旧友のN君からメールがきていた。週末飲もうとのお誘いだった。

ええとこで誘ってくれるやん!ノリノリで聞きたい曲はやっぱ Passion!


[PR]
by minority-m | 2009-05-27 22:43 | 身辺雑記
選挙カーがいく・・・
あいかわらず喉の調子が悪い中、朝からボソボソと仕事をしていると、今日告示された市会議員候補者の選挙カーからの声が聞こえた。近所から立候補した候補者だった。作業しながら、ああ、はじまったなあ・・・と思った。

今日は、5~6人の選挙カーが通り抜けていっただろうか。あいかわらず、「市議会議員候補のOOです、OOです。OOを市議会へ送りとどけて下さい。心からお願い申し上げます!」という声が多い。面識もない人から「ココロカラ、オネガイシマス!」って言われてもなあ・・・とは思う。

しかし今のこの国で選挙では、なりふりかまわず遜ってかからないと勝ち抜きにくいのだろう。実をとるというか、勝てば政治手腕を発揮できるのだから、多少の選挙のときの態度は目をつむる、というのも分かる。といって選挙のときだけペコペコして・・・という声を否定できない議員がいるのも事実だ・・・

アメリカの民主党大統領候補選のときだったか、オバマ候補が支援者と電話をしている姿をテレビでみた。「やあ、こんにちは。えっ?君の仲間が全員僕を支持するって?それはいいことだ、もっと多くの人にも広げるべきだよ!」まあ、堂々としたもんである。さすが民主国家の先輩だけのことはある。(ただこのアメリカでさえ、地縁血縁に世襲制は当然のようにあるようだが・・・)

思えば、今回の市議選は新人の6人中4人の候補と面識がある。これは今までにないことで、ほとんど引きこもりの自分としては驚くべきことだ。前職も何人か面識があり、今年は議会の傍聴(全員協議会だが)にも行った。選択するだけのデータは以前に比べありすぎるほどある。しかし、逆に面識があることで先入観がはいることもあるだろう。

雨の中、選挙カーの声を聞きながらナンヤカンヤと思ってしまった。


※追記 そういえばリンク欄にて、ずっと市議会議員のブログ紹介のページへリンクしたままだった。新しい市議選も始まったことだし、とりあえず一旦はずすことにします。
[PR]
by minority-m | 2009-05-25 00:11 | 身辺雑記
機器も我が身も不調なり
今朝、顧客に発送する文書を印刷中にプリンターがストを起こした。「内部の部品調整がどうたら・・・」というメッセージが画面に出てくる。調べるとどうやら故障ではなく、使いすぎで内部の部品交換が必要になったらしい。それもメーカーに送らないと交換できない。

困った。どうしようか逡巡していると妻が「カラーコピーはどう?」と提案してきた。そうか、その手があったか!大した枚数ではないので今日はそれで切り抜けた。
午後、プリンターを持って電気店に行き、とりあえず戻ってくるまでに使用する安いプリンターを購入した。

機器だけでなく、わが身も不調である。喉を痛めてしまった。2~3日前からから喉がイガイガしていたのだが、とうとうガラガラ声になってしまった。妻に「選挙中の市会議員の候補者の人の声みたい。」と笑われた。困るのが電話対応。初めての人からの電話はどうしても無意識に力が入るのだろう。電話が掛かる度に悪化するばかりだ。そういえば、ちょうど昨年の今ごろも喉がやられたのだった。結構長引き苦しんだのをよく覚えている。

が、なにせ新型インフルエンザが話題の昨今のこと。昼前、念のためと掛かりつけの病院に電話で相談した。熱の有無や海外渡航、旅行歴について聞かれたが、「3月末以降尾鷲から出てない、熱は全然なく、喉が痛いだけ。」というと笑いながら「普通に来院して下さい。」と言われた。まあ尾鷲の人の中でも一番人と接していない方だ、ということだけは自信がある(笑)

念のため気を遣ってマスクはしていったが、診察の結果は、喉がちょっと腫れているだけ。一般的な風邪薬に、ウガイ薬とトローチを処方されて帰宅した。帰り際に医師から「こんなときだから普通の風邪の通院でも気を使わせちゃいますよね。」と言われた。

新型インフルエンザといえば、京都にいる娘の学校も昨日から休校になってしまったので、今日帰ってきた。同じく休校になった大阪の同級生らもすでにこちらにいるという。向こうでは周りはみんなマスクを着用しているが、帰りの電車でマスクしているのは娘だけだったとのこと。

ネットでみた記事では、マスクも防ぐというより、感染者が着用し飛沫を防ぐための使用が基本だと書いてあった。たしかにマスクといえば風邪を引いた人がするものだった。花粉症が広がってから外からのものを防ぐという感じになったのではないだろうか。

さあそれはそうと、明日は市議選の告示日。16席を20人で争う。カラフルな選挙ポスターと演説で一週間はこの町も賑やかになるだろう。賑やかさに惑わされず、しっかりと判断しようと思う。
[PR]
by minority-m | 2009-05-23 21:53 | 身辺雑記
今夜はビートルズ
ここ数日、夜間まで仕事が及んでしまう。基本的な仕事の量はそんなに多くないのだが、全てひとりでやっているから、ちょっとしたイレギュラーやトラブルの処理で数時間くうこともある。

夜はBGMに浸りながら仕事をしている。今夜はビートルズのPlease Please Me Rubber Soul をさっきまで繰り返しかけていた。

聴いていて、誰だったかが「ビートルズは聴けば聴くほど、初期から中期が良い。」って言っていたが、なんとなく分かるような気がした。

このところ、ブログに書きたいことはいっぱいあるんだけど、頭の中がまとまらないなあ。
[PR]
by minority-m | 2009-05-22 00:32 | 身辺雑記
よく考えたらピンチだぜ!
今日は思ったより忙しくなく、早い時間に夕食を摂りくつろいでいると、取引先の会社の課長から電話があった。なんでも体制が大きく変わるらしい。
早速会って色々と説明を受けた。課長はもちろん、自分にはどうしようもないしなあ・・・とは思うがよくよく考えると結構ピンチだったりする。トラブルでもなんでもないし、「状況の変化」としか言い様がないが、頭が痛い件ではある。

昼は昼で別の取引先が大チョンボこいてくれました。もう取引を停止する必要がある程のレベルで、うんざりしていたのだった。

うーん、グチブログになってしまったなあ・・・
[PR]
by minority-m | 2009-05-19 00:25 | 身辺雑記
ハヤミさん・・・
朝、親戚から電話が入った。妻がとったのだが話の感じで誰かが亡くなったらしいことは推測できた。
妻が電話を切ったあと、「どしたん?」と聞くと、「ハヤミさんが亡くなったみたい。」と言う。「ハヤミさんって誰い?」と聞くとハヤミマサルさんだという。この時点でもまだピンとこなかった。

「親戚にハヤミさんっておったっけ?」と聞くと「日銀の総裁しとった速水さんやがな。」という。親戚の電話ではテレビでもニュースになっているらしい。「えっ、あの速水さん?そやけど、なんでうちに電話くるん?」

妻の説明でやっと分かった。昨日亡くなられた元日銀総裁の速水優氏は、妻のイトコのイトコにあたるらしい。当然血縁関係はなく、親戚とはいえないかも知れないが、イトコのイトコなら遠い親戚の中では近い方なんじゃないだろうか。まあ親戚筋といったところだろうか。日銀の総裁になられる前のことであり、随分昔のことらしいが、この家(今自分は妻の実家に住んでいる)にも立ち寄られたこともあるらしい。

えーっ、全然知らなかったやん!もともと夫婦揃って「誰々はどこどこの親戚で・・・」といった話には疎いが、その話は今日始めて聞いた。いやー、びっくりした。正直テレビのニュースがいきなり居間に飛び込んできた感じだった・・・

それはともかく・・・
謹んでご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by minority-m | 2009-05-17 19:05 | テレビ・新聞・ネットから
この場所で・・・
夕方、右手首の診察で整形外科へ。医師の診断は可もなく不可もなくという感じだが、まあ自覚症状としてはちょっとマシかなといったところだ。

診察後、ちょっとした用事で3年ぶりに「とある場所」を訪れた。とある場所、ともったいつける程でもない。実は娘が3年間通った高校の弓道場である。確かに3年ぶりなのだが、そんなに来なかったとは考えられない。3年前のそのときの空気をはっきりと身体感覚で覚えている。
娘がここに3年通ったんだなあ・・・と思いながら娘のいない弓道場にボーッと佇んでいた。

用事が終わったあと、明かりが消えた校舎の4階を見上げた。ああ、ずっと前オレたちはあそこにいたなあ、毎日居たなあ、I君、Kちゃん、Kスケ、Sちゃん、Iちゃん・・・30年以上経っても忘れない。

気が付けば5月も半ば。もう半月もすれば驚喜と慟哭が押し寄せた、あの6月がやってくる・・・。

--- 変ワッテナンカイナイ。色々アルケド自分ラシク生キルシカナイ。ウシロメタサガナイノナラ、自分ノ生キ方ハ変エラレナイ。 --- そうだね、ここは、友の自分への遺言のような言葉に縋ろう、

「アンタはアンタ、それでよい。」
[PR]
by minority-m | 2009-05-16 00:44 | 身辺雑記
皐月の宵に不思議な絵に出会う
忙しさと右手首の負傷でブログ更新も滞り気味である・・・

ここ数日忙しかった。現在の天候に大きく左右されるので、妻に「スキー場の職員みたい。」とよく言われる。この忙しさは一昨日、きのうは果てしなく続くんじゃないかとさえ思ったが、今日はちょっと涼しく明日からはちょっと楽になるだろう。

昨日、忙しさから逃げ出すように宵の町にさまよい出た。久しぶりに夜風の中歩くのは心地よかった。栄町を下っているとカフェクリームの明かりが目に留まったので滑り込んだ。

店内では宮路かね子さんの絵画展をやっていた。カラフルな色彩の作品群で、なんだか店の雰囲気もいつもとちょっと違って感じる。

小さな男の子と女の子のペアが遊んでいる絵が多い。一見するとメルヘンチックな、ほのぼのとした絵に見える。だが、よく観てみると「奇怪」とでもいえる奇妙な絵が多い。子供の顔が不自然な角度だったり、変なところから男性が顔を出していたり・・・それもある、でも色使いも含め、どうもそれだけではない感じがする。

なぜか怖い・・・のである。そう感じるのは自分だけかも知れない。ただマスターが、「子供の夢の世界を描いたとのことです。」というのを聞いて、自分の感想はあまり的外れではない気がした。

子供の頃見た夢は、例え友達とわいわい遊んでいる夢であって、どこかもの悲しく寂しいものだった。夏の日差しの中の明るい風景であっても、どこか目覚めているときに見る風景よりトーンが落ち、鮮やかでない。
童話(メルヘン)が実は結構残酷であるように、無邪気のなかに本来の人間の闇があるような気がする。

「カエルがいる絵が結構あるでしょ?」とマスターがいう。
「このカエルは作者の亡くなったお父さんなんです。なんでもお父さんが亡くなったあと、カエルが現れ、しばらくの間姿をみせていたようで、お父さんの生まれ変わりだと思っていたそうです。」

やっぱり自分には、楽しい絵には見えないなあ、BGMがずっと忌野清志郎だったせいもあるかも知れないが。
[PR]
by minority-m | 2009-05-14 23:49 | 身辺雑記
停電にドシコマレル・・・
この時間にまだ仕事していたりする。
でもBGMは沢田研二の「あなたに今夜はワインをふりかけ」だったりするが(笑)
で、ちょっと気分転換にブログ更新しようか、というところである。

今日は妻が母親を連れて、京都の娘のところへ行った。自分も行きたかったが、さすがにこの時期一日仕事を離れるのはちとキツイ。で、ひとりボソボソと仕事に没頭する日曜日のはずだった。

が、昼前まで全然ヒマ。これなら京都にいきゃあよかったと悔やんだが、しょうがない。
と、午後1時過ぎに突然停電した。入力中のデータがふっとんだ。まあこれはいい。たしかチョット前中電から停電のお知らせが届いていたのを思い出した。妻に電話で確認するとやはり今日のはずだという。
しばらく待ったが全然復旧しない。先日も近所一帯の停電があったがすぐに復旧したのだが・・・

全然仕事にならないので、中電に電話していつ復旧するか聞くと、夕方の4時半くらいだという。まいったなあと思ったが、そう忙しくもないのであきらめもついた。ただちょっと困ったのは電話の子機が使えないため、親機の部屋から離れられなくなった。日曜日でもちょくちょく仕事の電話が入るのである。
それにこれくらい長いと冷蔵庫の方が心配にもなる。

結局4時過ぎに復旧した。で早速メールチェックするとドッと仕事が舞い込んでいた。本当にありがたいことだが、正直ガックリきた。天気もいいし、午前中のままヒマならちょっと釣りでもしようかとたくらんでいたのだった。

でその後も仕事は増え、途中「天地人」を観たものの、今の時間まで仕事するはめになった。自分にとって5月の日曜日らしいといえばとうなのだが・・・もうひとふんばりすっか!
[PR]
by minority-m | 2009-05-10 22:43 | 身辺雑記