ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
師走の朝をゆったりと過ごす
朝寝して、もそもそと10時前に起き、カフェクリームにて期間限定のモーニングサービスをやっているというので出かけた。
今日と明日だけ、マスターが若い男女ふたりに店をまかせるという試みらしい。
まあしかし次から次へと色んな試みをするカフェだ。

モーニングメニューはメニューはクロワッサンのサンド(地元のパン屋さんにサンド用で特注したものらしい)にフルーツとヨーグルトが付き、チャイまたはコーヒーのセットである。
おそがけだったので、売り切れ寸前のところだった。

クロワッサンサンドもチャイもおいしかったが、不慣れなスタッフが初々しい。段取りが分からないので戸惑いながらの仕事ぶりだが、一生懸命やっている。それをつい楽しんでしまう自分も失礼で困ったものだが、こういった姿を人に見せられるというのはホントはとても幸せなことだと思う。若いから発揮できたり、また許されることはあるだろうが、本当は本人の気持ちの持ちようだろう。自分より年配でもフレッシュな人は何人もいる。
どう考えても今の自分はそんな姿してないよなあ。

気分よくカフェを出て、穏やかに晴れた師走の町を歩いて帰宅した。
[PR]
by minority-m | 2008-12-13 12:52 | 身辺雑記