ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
門閥制度は親の敵でござる
数十年前のドラマ、「幕末青春グラフィティ 福沢諭吉」を観た。
幕末シリーズの第二弾で先の、「幕末青春グラフィティ 坂本龍馬」の武田鉄也もちょっとだけ龍馬役で出演している。

主役の諭吉役は歌舞伎役者の中村勘九郎(現・勘三郎)。この人はドラマなどでは何を演じても「KANKUROU」といった感じがしてあまり好きではないが、この諭吉役はまだ若いせいもあってか癖がないように思う。
ドラマなので史実とは相当違うが、諭吉の精神は充分迸っていたと思う。前作龍馬編同様、身分制度がやかましい時代での "free" をかかげ目指す若者を描こうとしている。
龍馬も体制・組織からはフリーであったが、諭吉ははっきりと言葉に表した。

諭吉の「学問のすすめ」は国民人口3000万人の時代300万人が手にしたという。実に国民の十人にひとりが手にしたわけだ。現代ならば想像を絶する大ベストセラーである。

天は人の上に人を造らず,人の下に人を造らずと云えり。されば天より人を生ずるには,万人は万人皆同じ位にして,生れながら貴賤上下の差別なく,万物の霊たる身と心との働を以て,天地の間にあるよろずの物を資り,以て衣食住の用を達し,自由自在,互に人の妨をなさずして,各安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。されども今広くこの人間世界を見渡すに,かしこき人あり,おろかなる人あり,貧しきもあり,富めるもあり,貴人もあり,下人もありて,その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや。

上記はあまりにも有名であるが、21世紀のこの時代でさえ政治家、医師、教師、警察官他、公に携わる職業に世襲が多く見られる現実を思うと、以下の言葉が殊更胸に響く。

「門閥制度は親の敵でござる。」(福翁自伝)
[PR]
by minority-m | 2008-11-28 00:07 | 身辺雑記