ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タウンミーティングに行ってきた
中央公民館で行われた、JAXA(宇宙航空研究開発機構)のタウンミーティングに参加した。
JAXAといえば、HⅡロケット打ち上げ、月探査衛星「かぐや」、国際宇宙ステーション日本棟「きぼう」など、日本の宇宙開発をすべて担っているところである。もちろん、毛利さん、若田さん、土井さんなど宇宙飛行士も所属している。

昔、図鑑などで胸ときめかせた世界なので、ちょっと興奮はしたが、テーマは「宇宙開発と防災」などといった現実的な内容であった。
開始前は地震や津波に対して、人工衛星がどれだけ速く警報や情報を市民に届けるなど有効に利用できるか期待した。

が、実際の説明では被災前と被災後の映像を見比べるくらいで、長い期間での次への災害への資料になる程度ではないかと思えるものだった。

その人工衛星からの映像取得も2日間はかかるといったもので、避難場所への誘導や救援隊のヘリ着陸地案内などへの利用も即効性はないようだ。
今後、高速通信による個人携帯への警報通知や、通信回線の確保といったところを目指すとのことなので期待はもてるが、正直なところ現時点ではこの地域でテーマにすべきレベルではないと思った。

後半は、参加者から「ウラシマ効果について」や「宇宙人はいるか?」とか「引力の速度は?」など自由な質問が続き、自分などはこういった話題の方がおもしろかった。

会場には宇宙食のサンプルも並べられていた。当然といえばそうなのだろうが試食はできなかった。見ただけだと普通のレトルト食品やフリーズドライ食品と変わりない。参加者全員とは言わなくても抽選で何人か試食できるとか、一口ずつでも食べられたりしたら、盛り上がっただろうなあと思う。

f0160479_21154235.jpg

[PR]
by minority-m | 2008-10-04 21:19 | 身辺雑記