ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
7人・・・デスカ?
親しい人や身内から、「あまり政治的なことはブログに書かん方がええで!」と再三忠告を受けているが、今日の地元2紙を見てたまらずに書いてしまう。

個人的であれなんであれそういったモノを吐き出すために始めたブログなので、以下について読まれる方は予めご了解願いたい。
(通常は一日百件に満たないアクセス数のブログながら、たまには議会事務局などもチェックしているようだ。ネットで公開した以上、政務調査費問題などと違って、どこに転送されてもしょうがないとは思ってますが・・・)

閑話休題。
来週から、奥田市長になってから初めての尾鷲市議会の一般質問が始まる。今日の地元紙によると質問を行う議員はなんと7名!議長ははずすとしても議席の半数である。これには正直びっくりした。結果、一般質問の予定の日程を一日削るはめになった。

市会議員諸氏の事情や都合もあるだろう。
しかし今回質問に立たないことはどうしても理解できないのだ。自分自身も新市長に尋ねたいこと(特に公約内容について)だってあるけど、それを託すために議員を選ぶのだと認識している。市議会議員の仕事は市議会で市政に対して発言することがまず基本ではないのだろうか?

これは市長批判せよ!と言っているわけでは全くない。例えば市長の市政方針擁護の議員がいたらそれもどんどんやれば結構だと思うのだ。それを判断するのは市民だから、まず市議会でのやりとりが基本で、それを放棄するなら、悩みに悩んで一票を投じたひとりとして市議会議員たる資格を疑う。

別に「定例議会で毎回質問せよ!」とは言わないが、今回は市長選から時間も充分あり、新市長に市政の方向を問うのは当り前だと思うのだが・・・
[PR]
by minority-m | 2008-06-05 22:46 | テレビ・新聞・ネットから