ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
3年ぶりにチンチロイカと再会
午後、息抜きに前の浜まで自転車を走らせると、いつも会う愛知県から移住してきたご夫婦が釣りをしていた。
「今日はどうですか?」とたずねると「あかん、小さいキスが数匹やな。アジも親指くらいのモジャコしかおらん。」という。
そこへタコ釣りの男性がやってきて、「そこの巡航船のとこでチンチロ(=スルメイカの子、この辺ではチンチロイカと呼ぶ。)釣れとるで。」と教えてくれた。

そういえば3年前のこの時期も、チンチロイカが同じ場所でよく釣れた。
日暮れとともに何人もの釣り人が竿を出していた。暮れきらない海面にボウと灯る電気ウキが美しく、なんともいえない風情があった。

夕方、再度自転車で浜まで行くと、やっぱりチンチロ狙いの釣り人が2人いる。堤防の灯りが点いてからの第一投、岸から10mくらいの距離でいきなりアタリがきたようだ。
傍目ではアオリイカのような引きはないし、薄暗いのでよく分からないが、手元まで寄せるとプシュという音がした。いきなり一杯目を釣り上げるのを見られた。
釣ったおじさんに聞くと、昨日も少ない人で1時間で5~6杯は釣ったと言う。
おじさんはキビナゴをエサにしていたが、小さなエギやルアーでねらってみるのも面白いかも知れない。

この写真の直後の一投でアタリが!
f0160479_14345653.jpg


目の前で釣れたチンチロイカ
f0160479_14352497.jpg
[PR]
by minority-m | 2008-04-29 20:36 | 釣り