ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
H先輩のこと
「キャリー」という随分前のホラー映画を観た。1977年日本公開だから、33年前ということになる。当時高校生だった自分は部活の仲間たちとこの映画を観にいった。

筋はあまり覚えていないのだが、主人公を虐める少年のひとりが、部のH先輩にそっくりだということで仲間内で大うけしたのを覚えている。
今改めて見るとその少年役はなんとジョン・トラボルタであった。まだサタデーナイトフィーバーでブレークする前だったから気付かなかったのだろう。そして髪型以外大してH先輩に似ていないことも気がついた。

H先輩と最後に会ったのは7年程前だったろうか。当時H先輩は名古屋にいたのだが、仕事で尾鷲に来ているとのことで、親友のKちゃんやT先輩らと飲んだのだ。20年ぶりほどの再会だったが、高校時代はちょっとニヒルな感じでかっこよかったH先輩は、すっかりおっちゃんになっておりちょっとくたびれた感じに見えた。その時は酒場から東京にいる別の先輩などにも電話し、旧交を温めたのだった。

一昨年、その時いっしょに飲んだKちゃんが亡くなった。当時の仲間ほとんどに連絡がとれたがH先輩だけはどうしても連絡がつかなかった。H先輩にとって自分ら同級生の中ではKちゃんと一番親しかっただけに残念であった。その後も音信不通である。

そういえば、仲間のI君が高校当時「H先輩はなんだか破滅型っぽいなあ・・・」と言っていたのをよく覚えている。

古い映画を観て、H先輩のことを思い出してしまった。どこかで元気にしているだろうか?
[PR]
by minority-m | 2010-04-11 22:36 | 身辺雑記