ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
誰に似る?
先日、久しぶりに親戚のYおじに会った。Yおじは、自分の今は亡き祖父の甥、つまり父の従兄弟にあたる。今回会って、改めて祖父とそっくりであることに驚いた。前から似ているとは思っていたが、年を取って益々似てきた。声もそっくりで、笑ったときなどはまさに生き写しという感じである。

祖父には息子がふたり(長男の父と次男である叔父)がいるがそう似ているとは思わない。息子たちより甥の方が似ているわけで、祖父の姿かたちの遺伝はYおじの方により濃く反映されたのだろう。
そういや祖母方にも同様の例があり、子や孫たちより姪のE子さんの方が祖母に似ているのである。

自分が子供の頃、父方のひいじいさんに似ていると言われた。似ていると言われてもすでにひいじいさんはこの世になく、仏壇の中にはっきりしない写真が1枚あるだけだったので本人はピンとこなかった。ただひいじいさんも自分と同じくつむじが3つあった、という話を聞いたような記憶がある。

さて自分の直接の遺伝の先、つまり娘には一見自分に似たところはない。人にも言われたことはないから本当に似てないのだろう。娘の顔の形、体型を見ていると、おそらく妻の母方からだろうと思う。ただ手の指の形とか髪の毛の生え際とか、どうでもいいようなところに限って自分に似ているのである。(笑)
[PR]
by minority-m | 2010-01-21 19:59 | 身辺雑記