ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
もののけ姫をヤタと観る
昨日から、黒柴犬の友達ヤタ(我が家ではヤタポンと呼ぶ)が遊びに来ている。
ヤタポンが来るのは結構楽しみで、妻に「娘が帰ってくるのと、ヤタが来るのとどっちがうれしいん?」と訊かれたので「ヤタポン!」と即答してあきれられてしまった。

ちょうどやってきた時、テレビでもののけ姫を放送中だったので、居間に連れてきていっしょに観た。我が家では犬やネコは基本的に座敷に上げないのだが、ヤタポンは友達なので特別なのである。

もののけ姫にはモロ一族という、巨大な山犬たちも出てくるので、ヤタポンも犬としての本能でも目覚めるか、と思ったが、山犬の遠吠えにも反応せず、毛布の上で眠そうに寝そべっているだけである。以前はネズミなども捕らえたりして、狩猟犬らしいとこもあったんだけどなあ・・・

さて、もののけ姫ではシシ神という、生き物の生死をも司る、鹿に似た神が出てくる。早田や九木崎などの照葉樹林の中で、りっぱな角をもつ雄鹿に出会ったことがあるが、まさにシシ神の森でシシ神に出会ったという感じだった。

山の中などで動物に出会うと、一匹の獣としてだけではないものを感じる。狼であれ鹿であれ、イノシシであれ、森にいる大きな動物はその森の生態体系すべての命の象徴という感じがする。だからときに、「神」として感じるのじゃないだろうか。そして、彼らは一日や四季を森の中でどのように過ごしているんだろうかと、眠そうなヤタポンの横顔を見ながら想像してしまった。
f0160479_11102653.jpg
相変わらずカメラが嫌いで、携帯カメラでも目をそらして正面を向かない。
[PR]
by minority-m | 2010-01-09 12:00 | 身辺雑記