ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Scene
週末、ちょっと飲みすぎた。
金曜日、もう日付も変わろうかという時間に久しぶりにTさんから電話があり、コレクターへ。そのまま4時まで飲んでしまった。
昨晩は連チャンでまたまたコレクターへ行き、2時まで飲む。途中、カフェクリームの海月さんもひょっこり顔を出し、本拠地を移転するため大同楽座楽市を明日で終了するという話を聞く。

今日昼過ぎ、久しぶりに大同へ顔を出した。
写真家、画家、工芸家・・・顔見知りの若き芸術家たちの他、栃木県から各駅を乗り継いでわざわざきたという若者もおり、しばし雑談の輪に入れてもらった。

雑談の中で、ここをアトリエに使用していた画家のOさんの言葉が印象に残った。
「近くの小学校から音楽が流れてきて、窓の外には天文台のドームがあって、そこに青い扉のアトリエがあって、、、まるで物語の中のような場所だった。」と。
[PR]
by minority-m | 2009-12-20 18:10 | 身辺雑記