ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
釣りバカ日誌のDVDを観る
昨日いつものショットバーで、映画の釣りバカ日誌の話になった。男はつらいよの寅さんのあと、正月映画(※)として定着していたが、出演者の高齢化もあり今年で終了するらしい。
自分はテレビなどで放送すると結構観てはいるが、特に好きという程でもなく、「ああ、そうなんだ~。」という程度である。

しかし、昨日隣にいた釣りキチのSちゃんは大好きらしく、「釣り好きは見逃したらアカン映画やな。」と言うし、マスターのMちゃんも今までの作品は全部観たと言う。「何作目が良かった?」と聞くと、15作目(実際はスペシャル版などもあるので17作目になる)は名作だという。

話を聞いているとなんだか観たくなってきて、今日DVDを借りてきた。話で聞いていたとおり、小津安二郎の「麦秋」をリスペクトした作品で、設定もそっくりだし劇中実際に「麦秋」の名シーンが使われている。

寅さんからの伝統を受け継いだ正月映画らしく、おかしくも情にあふれた作品なのだが、この作品のヒロインを演じた江角マキコがよかった。自分などはどうもショムニのイメージを持ってしまうが、この作品での悩めるキャリアウーマン役はよく合っている。

ところで、正月に寅さんも浜ちゃんも観にいったことがない自分が言うのもなんだが、寅さんのあとを継いだ浜ちゃんがいなくなってしまうと、正月映画はどうなってしまうのだろう。
自分より随分若いSちゃんが言っていたように、「正月にこんな映画がないとアカンのさ、さみしいヤリ。」というのは分かる気がする。

それと・・・なんだか寅さんも観たくなってきたなあ!

※追記:釣りバカ日誌の公開時期について、ずっと正月時期に公開されていると思っていた。が、あとで調べてみたら最初は正月時期の公開だったのだが7作以降は夏の公開が多く、ここしばらくは正月映画とはいえない。今年公開の最終作は12月公開とのことなので最後に正月映画に戻ったということになる。
[PR]
by minority-m | 2009-11-29 16:27 | 本・映画・音楽