ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新鹿☆CAMP物語
f0160479_22283692.jpg

高校時代の仲間と、約30年ぶりに新鹿海岸を訪れた。
いいだしっぺのアイツとI君にY君、N君と自分、途中飛び入りでT君も。多忙の中、ふたつ返事でこの企てに乗ったオッチャン連中にとにかく感謝である。そしてアイツの愛するかーちゃんが、最高のオードブルを「持っていって!」と差し入れしてくれた。

そして30年ぶりの新鹿は思ったほど変わっていない。というかまず、自分らが一向に変わっていない(笑)とにかく、アンタが来たがっていた新鹿へ来たぜ、Kちゃん!

夜になって、断続的に雨が降り出した。自他ともに認める雨男のI君のことを「さすがに面目躍如やなあ。」と冷やかすと、N君が「天気なんて独りの力でどうこうできるもんじゃないですよ!」とマジで庇うのを聞いておかしかった。本当にいいヤツである。

明け方、天気は回復するどころか益々悪化しそうになり、早々に撤収した。夜のニュースではその後大雨となり、尾鷲よりも降ったようだ。

雨に見舞われたことも含め、オレたちらしいキャンプだったと思う。時には嫁さんも子も抜きで、こうやって話せる仲間がいることに感謝する。

ただ、アイツのカーチャンから「いっしょに連れていったって。」と手渡された海水パンツが本当にアイツのものなのかは未だ不明である・・・
f0160479_22291661.jpg

30年前と違い、今回はりっぱなテントと炭のバーベキューセットがある。あの頃は焚き火だけで煮炊きし、2泊3日を過ごしたのだった。
[PR]
by minority-m | 2009-08-09 22:35 | 身辺雑記