ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
機器も我が身も不調なり
今朝、顧客に発送する文書を印刷中にプリンターがストを起こした。「内部の部品調整がどうたら・・・」というメッセージが画面に出てくる。調べるとどうやら故障ではなく、使いすぎで内部の部品交換が必要になったらしい。それもメーカーに送らないと交換できない。

困った。どうしようか逡巡していると妻が「カラーコピーはどう?」と提案してきた。そうか、その手があったか!大した枚数ではないので今日はそれで切り抜けた。
午後、プリンターを持って電気店に行き、とりあえず戻ってくるまでに使用する安いプリンターを購入した。

機器だけでなく、わが身も不調である。喉を痛めてしまった。2~3日前からから喉がイガイガしていたのだが、とうとうガラガラ声になってしまった。妻に「選挙中の市会議員の候補者の人の声みたい。」と笑われた。困るのが電話対応。初めての人からの電話はどうしても無意識に力が入るのだろう。電話が掛かる度に悪化するばかりだ。そういえば、ちょうど昨年の今ごろも喉がやられたのだった。結構長引き苦しんだのをよく覚えている。

が、なにせ新型インフルエンザが話題の昨今のこと。昼前、念のためと掛かりつけの病院に電話で相談した。熱の有無や海外渡航、旅行歴について聞かれたが、「3月末以降尾鷲から出てない、熱は全然なく、喉が痛いだけ。」というと笑いながら「普通に来院して下さい。」と言われた。まあ尾鷲の人の中でも一番人と接していない方だ、ということだけは自信がある(笑)

念のため気を遣ってマスクはしていったが、診察の結果は、喉がちょっと腫れているだけ。一般的な風邪薬に、ウガイ薬とトローチを処方されて帰宅した。帰り際に医師から「こんなときだから普通の風邪の通院でも気を使わせちゃいますよね。」と言われた。

新型インフルエンザといえば、京都にいる娘の学校も昨日から休校になってしまったので、今日帰ってきた。同じく休校になった大阪の同級生らもすでにこちらにいるという。向こうでは周りはみんなマスクを着用しているが、帰りの電車でマスクしているのは娘だけだったとのこと。

ネットでみた記事では、マスクも防ぐというより、感染者が着用し飛沫を防ぐための使用が基本だと書いてあった。たしかにマスクといえば風邪を引いた人がするものだった。花粉症が広がってから外からのものを防ぐという感じになったのではないだろうか。

さあそれはそうと、明日は市議選の告示日。16席を20人で争う。カラフルな選挙ポスターと演説で一週間はこの町も賑やかになるだろう。賑やかさに惑わされず、しっかりと判断しようと思う。
[PR]
by minority-m | 2009-05-23 21:53 | 身辺雑記