ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
元気出していこう!
尾鷲はここ2日ほど天気がよい。快晴で時折吹く風がさわやかで心地よい。
自分の仕事もここのところ、まずまず順調でありがたい。

にもかかわらず新聞紙上を賑やかす市政の混乱についてはため息が出る。市長は相変わらずダッチロールを繰り返し、議会解散を先延ばしにした。信念に基づいた行動ではないのだろう。だったらヤメときゃいいのに。

解散を見越した市議選に向けての動きも水面下で活発化しているようだが、ウワサで名前が挙がってくる新人の名を聞くと、ウーンとうならざるをえない。特に若い世代について思う。ウーン・・・

例えば年が若いというだけで、市政に新しい風を吹き込むとは限らない。以前、そう、ちょうど現市議選の前後だったか、市議選に一度は出たいと思っているという2人の青年と話をしたことがある。いずれも30代だった。

「なんで市議選に出ようと思うの?」という問いに、ひとりは「友達が多いから。」
もうひとりに「市会議員になって市政について具体的にどうしたいとかあるの?」と問うと「特にない。」
選挙に出るのは自由ではあるが、このレベルで出ようというのだから、市議会も舐められたものだと思う。

なんだかスッキリしないなあ。でも市長選であれ市議選であれ、日常の仕事が忙しくかまっていられないというのが市民の大半を占めるんじゃないだろうか。
といってウンザリするからとほおっておいてもそのあおりを受けるのは結局市民自身だしなあ・・・

まあ自分などは、地元紙を眺めながらつべこべ言っているだけではあるけれど、まあ基本は自分の生活、立ち位置をちゃんとしないとね。明日からまた天気が下り坂になるというが、さわやかな季節らしく元気出して仕事すっぞ!
[PR]
by minority-m | 2009-04-24 00:29 | 身辺雑記