ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
微笑みて救う
念願だった広隆寺の「弥勒菩薩半跏思惟像」を観てきた。
国宝彫刻第一号に指定されるのももっともで、誠に美しい仏像でアルカイック・スマイルを堪能できた。ただ正直なところ、大きさといい表情やポーズといいあまりにも想像通りで、それ以上でもそれ以下でもなかった。同じく半跏思惟像で有名な中宮寺の「伝如意輪観音」(自分はやはり弥勒菩薩だとおもうけどなあ・・・)を観たときの方が感じ入ったと思う。

それはさておき、個人的に特に最近、是非ともこの微笑をみたかった。
この弥勒菩薩像の姿は、どうやって衆生を救うか思案している姿だという。

昨今政治家の顔つきがどうも気になる。麻生首相に民主の小沢党首、それに社民党の福島党首などは気の毒なくらいである。
別に永田町とは限らない。尾鷲というこの小さな町の中でもギスギスとした非難ばかりが渦巻いている。もちろん自分とて例外ではなく、鏡をみるとため息がでることもある。

みんな程度の差はあれ、国や町を良くしたいと思っているはずなのだが、どこかに「われが!われが!」の根性があるのだろう。甘いかも知れないが、もう少し明るく取り組めないものだろうか。生身の人間だから弥勒のようにはいかないが、せめてちょっとは意識したい。最近ずっとそう思っていたのだった。

さて広隆寺には他にも国宝に指定されている仏像がいくつもあり、自分が一番気に入ったのは「不空羂索観音菩薩立像」で、なんとも凛々しい顔立ちであった。

それから通称「泣き弥勒」というもうひとつの弥勒菩薩像もあり、こちらは若干憂いををふくんでいる。なかなか味のある表情だが、こちらの方がもしかしたら本来の表情なのかも知れないなあ・・・

f0160479_221179.jpg
※写真はもちろん撮れないので広隆寺のパンフレットから拝借。
ちなみに弥勒とは釈迦入滅後56億7千万年後にこの世に現れ、人々を救うとのことだが、それだと人間どころか地球自体の存在さえあやうい。イヤイヤもしかしたら地球の危機を救うウルトラマンのような存在を予言しているのかも知れないゾ。
[PR]
by minority-m | 2009-03-23 22:18 | 身辺雑記