ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
春の京の晩に冥界の入り口に立つ
京都に住み始めた娘の食器を探しに清水の辺りをうろついていると、ちょうど清水寺や高台寺の夜間拝観をやっていると知った。

夜再度出掛け、夜の清水と高台寺に行ってみた。さすがに連休で桜のシーズンということもあり清水坂から三年坂付近も人がごったがえしていて、昼間と変わらない。四条河原町辺りも同様で前に進むのも困難なほどだった。この時期京都の観光地や繁華街はどこもこんな感じかも知れない。

さて清水と高台寺だが、清水は桜がまだほとんどつぼみで、しかも大舞台の前に巨大なクレーンがある。舞台下が工事中で重機の音がガンガンとうるさい。また演出のためかレーザービームを夜空に放っているのだがこれも興ざめだった。

高台寺のしだれ桜はおそらく満開一歩手前といったところか。これも青やら緑のライトを次々と当てているのだが、かえって桜本来の美しさが分からない。清水もそうだがちょっと過剰演出だと思う。

それより高台寺の庭そのものがよかった。寺自体、昔はもっと豪華だったらしいが、徳川氏にとって自ら滅ぼした前政権の王の妻の居所としては豪華すぎる。徳川氏は秀吉の死後、墓まで暴いて打ち壊しているのである。家康にとって北政所が政略的に相当大事な存在だったのだろう。

ところで、清水に向かう途中、六波羅辺りを通った。東山の清水から南の地帯を鳥辺野(鳥葬からきたことばらしい)と呼び、昔から葬送の地であったが、六波羅辺りは洛中からみてその境目になる。いわばあの世との境界といわけだ。

実際にそれのなごりのような施設が点在しており、六道珍皇寺という寺ではお盆になると京の人々が迎え鐘をつきにくるという。今回は残念ながら夜で境内に入れなかったが、ここには地獄を行き来した小野篁の像や地獄に行き来するのに使用した井戸がある。

すぐ近くの西福寺前には、女の幽霊が夜な夜な子供に与える飴を買いにきたという「幽霊子育て飴」を売る店もある。これも夜なので閉店後だった。残念!

冥界の入り口「六道珍皇寺」
f0160479_1373247.jpg


幽霊子育て飴
f0160479_137528.jpg


西福寺のかたわらに立つ「六道の辻」の碑。西福寺には「壇林皇后九相図絵」があり、これも一度は見てみたい!
f0160479_1382092.jpg

[PR]
by minority-m | 2009-03-22 13:14 | 身辺雑記