ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自分は下手である
NHKの番組でサッカー日本代表の中澤佑二を取り上げていた。
最近の代表戦でキャプテンマークを付けて奮戦している姿を見る度に、彼の強さはどこからくるのだろうと気になっていた。強さというのはもちろん、彼の身体の大きさではなく精神面で、試合中のまなざしから感じていた。

同じディフェンダーでもトゥーリオのように闘志を前面に出しはしない、かといって同じくディフェンダーで以前代表キャプテンだった宮本恒靖のようなもろさも感じられない。周りを安心させる存在感がある。

この番組でその強さの秘密が分かったように感じた。
サッカーを始めるのが遅く、しかも下手。確かに今でも高さや当たりの強さはあるがスピードあるディフェンダーではない。

少年時代について「叱られて走るのがサッカーだと思っていた。」と語る。それでも監督が止めろというまで練習を止めない。中3の時Jリーグが発足したがプロなど夢のまた夢。にも関わらず自分で勝手にプロになろうと決意しサッカーだけに没頭する。
日本代表のキャプテンになった今さえ「自分は下手だから100の力で練習しないとやっていけない。」と語る。

そういえば前のアジアカップでPKをはずし号泣する羽生直剛に「まあ、とりあえずメシ食え。」となぐさめたエピソードを思い出す。中田ヒデや中村俊輔からはまず出ない言葉だろう。

雑草の強さがある。天才といわれる人々とは違う言葉が出てくる。
「過去は変えられないが、未来は変えられる。」単純だが勇気が湧く言葉だ。

・・・・・・・・・・・・

大学でも高校時代同様に弓道を始めたが、今までと全く違う勝手に戸惑い苦戦している娘に見せたい番組であった。高校時代はエースでも上には上があるんだよ、壁にあたってぶちのめされて、そこからが本当のスタートだ!

「自分は下手、だから練習!」
[PR]
by minority-m | 2009-03-17 23:41 | テレビ・新聞・ネットから