ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
卒業
今日、ひとり娘が高校を卒業した。
卒業式に参列した妻が目を真っ赤にして帰ってきた。卒業生代表の答辞が素晴らしくて、つい泣いてしまったという。卒業生自身だけでなく保護者たちにも、高校生活の日常をリアルに思い起こさせる内容だったらしい。

自分自身も高校生活が一番楽しい時代だったが、日々のなんでもないようなことを覚えていて、それが懐かしかったりする。
自分のときの卒業式のことはあまり覚えていない。ただ振り返ると、その時は思いもしないのだが、その日まで普通に話をしていてもその後一生会わないクラスメートも多いことに気付く。

それとチョット自慢すると、一応下級生の女の子に制服ボタンをせがまれた。モテたことだってあるんですヨ!はるか昔ですが(笑)

自分のときよりひとつ上の先輩たちの卒業のときの方をよく覚えている。自分のときは先のことのほうが頭にあったのかも知れない。ずいぶんとよく遊んだ先輩がいなくなるということで寂しさも強かったのだろう。
今だからいえるがひとつ上には当時あこがれていた女性がいたこともあったと思う。

ちょうど昨日、知人のNさんからダスティン・ホフマンの「卒業」を借りた。テレビなどで数回観た映画だが、高校時代によく遊んだひとつ上のK先輩の大のお気に入り映画だった。改めて見直して観ようかなあ。
[PR]
by minority-m | 2009-03-01 16:44 | 身辺雑記