ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
北斗七星

この時期、夜半過ぎになると北の空高く北斗七星が輝いている。
星座に詳しくない人でも、オリオン座と北斗七星は知っていると思うが、北斗七星は星座名ではなく、星座でいうとおおぐま座の一部、腰からしっぽの部分となる。星座としては扱いは低いが、中国始め、東洋では北極星の周りを巡るこの七星をことのほか大事にしてきた。

NHKの大河ドラマ「天地人」でも、主人公にとって北斗七星が重要なファクターとなっている。
そういえば刀身に七星をあしらった七星剣という剣がある。聖徳太子が佩いていたというもので、たしか国宝だったと思う。

七星剣を持つ者は天下を統べるという伝説もあったらしく、幕末に活躍した清河八郎も七星剣と呼ばれるモノを佩いていたという。清河は七星剣の甲斐なく、志半ばで暗殺されたのでただ持っていればよいと言う物ではないのだろう。

それより、「天地人=天の時・地の利・人の和」の言葉の方が今の自分には沁みるなあ・・・

f0160479_2352013.jpg

意外と北斗七星の写真はあまり撮っていない。上はもう10年も前に撮ったもので、星をぼかして強調処理を施したもの。
[PR]
by minority-m | 2009-02-18 00:10 | 身辺雑記