ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
奥田市長はなぜ辞めないのか?
というより、なぜ市長を続けようと思うのだろう。
素朴な疑問だが、そう思う。以下、勝手ながら推測してみた。

1.市長職は何かしらのウマミがあり、そのウマミを手放すのはおしい。
2.支持者から「なんとしても辞めるな。」との圧力がある。
3.悪いことをしたと思っていない。だから意地でもやめない。

1、2についてはこの市長の場合、潔癖であったり独断が多い性格からして可能性は少ないのではないだろうか。残るのは3だが、だとすると結構解決しにくいだろう。1,2なら周りの対応いかんによって動く可能性はあるが、意地になるとえてして周りが見えなくなる。場合によっては辞職を促す市議会を解散して刺し違える可能性もある。

もうこうなると泥沼である。
そうなる前に、市長にはするべきことがあるはずだ。
続けたいのであれば、なぜ自分は市長を続けようと思うのか、尾鷲をどうしたいのか、自ら具体的に示すべきだ。それが上記にはない4番目の理由となるだろう。市議会の全員協議会でも市民への説明を約束した。書類送検が発覚してからもう半月も経つ。未だ自らの処分も発していない。市会議員15人中、14人による辞職勧告というのも尋常ではない。もしできないのであれば早急に辞任すべきだと思う。

現状では殻に閉じこもり、嵐が去るのを待っているだけのように見えるが、そもそもその嵐は誰が起こしたのだろう?
[PR]
by minority-m | 2009-02-09 21:20 | テレビ・新聞・ネットから