ちょっとマイノリティ
cminority.exblog.jp

いつも気付けば少数派・・・  by宮上修二
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
蒼海の 「老いの一徹」 1
from ガラス瓶に手紙を入れて
奥田尚佳尾鷲市長に対する..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
オトンと、恩師のところに..
from まいにちの、こと。
奥田市長に辞職を申し入れる
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
議員の大勢は辞職、しかし..
from 尾鷲市議会議員 端無徹也の温..
矢ノ川の清掃活動を、協働..
from Cafe_CReAM モノ語り
磯釣りのやり方と釣れる魚
from 釣り入門
JAXAタウンミーティング
from Aluminiumの日記
舞妓Haaaan!!!
from 映画や本を淡々と語る
魚料理のレシピnet
from 魚料理のレシピnet
リンク-その他
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
議会に行こう!
ということで、市議会の全員協議会を傍聴した。
以前から一度市議会を傍聴したかったので、定例議会ではないもののやっと実現したわけだ。
今回の議題のメインは何と言っても、現職市長が税理士法違反で書類送検されたことであり、それについては改めて書きたいが、今回はとにかく初めて議会を傍聴したということでその感想を述べたい。

おもしろい・・・というと不謹慎かもしれないが、真面目な意味で本当におもしろかった。何もかも始めてなので、慣れた人は途中何度も舟を漕ぐなか、最後まで興味深々で眠気も起きなかった。
一番印象的だったのは、民主主義の基本である「言論の自由」の生の現場に触れられたこと。ここに立って意見を述べている議員さんたちの仕事の役割、大切さ、そして凄さを実感した。
こういう場で堂々と自分の意見がいえることに少なからず感動した。それは選挙に出るという勇気、厳しい選挙戦を戦い抜いた結果として保証された場であるからだ。
逆に自分の立場としては自らの一票の重みを真剣に考える機会となった。

百聞は一見にしかず、顔色、声音など新聞などでは到底分からない世界がみえる。
傍聴は市民の権利であり、場合によっては議会へのチェックにもなるかも知れない。
たまにはみんなで議会傍聴に行こうゼ!
[PR]
by minority-m | 2009-01-30 23:44 | 身辺雑記